TAKAHASHI Animal Hospital
高橋動物病院

診察案内

高橋動物病院では整形外科、動物たちの体の負担を最小限にする手術“低侵襲外科”に力を入れております。

外科手術

当院では、幅広い手術を実施しております。質、回数ともに多くの実績を積んでおり、お預かりした動物達に安全かつ迅速・確実な手術を遂行するため最新の高性能麻酔器、高度手術機械を導入し手術に臨んでいます。
特に当院では、動物に負担をかけない低侵襲手術(内視鏡手術など)に力を入れております。

軟部外科

  • 避妊手術
  • 去勢手術
  • 潜在睾丸摘出術
  • 臍ヘルニア整復術
  • 鼠径ヘルニア整復術
  • 会陰ヘルニア整復術
  • 横隔膜ヘルニア整復術
  • 乳腺腫瘍
  • 体表面腫瘍
  • 口腔内腫瘍
  • 脾臓腫瘍
  • 胃・腸管腫瘍
  • 泌尿生殖器腫瘍
  • 呼吸器系腫瘍
  • 胃・腸切開術
  • 胃・腸切除術
  • 胃捻転整復術
  • 胆嚢切開術
  • 胆嚢切除術
  • 膵臓部分切除術
  • 膀胱結石摘出術
  • 膀胱切開術
  • 腎臓切除術
  • 尿道結石摘出術
  • 会陰尿道瘻設置術
  • 帝王切開術
  • 断尾術
  • 肛門瘻摘出術

整形外科

  • 各種骨折(橈骨尺骨骨折 骨盤骨折 大髄骨骨折など)
  • 膝蓋骨脱臼整復
  • 大髄骨頭切除術
  • 椎間板ヘルニア
  • 関節鏡検査
  • 肘関節脱臼整復術
  • 環椎軸椎不安定症

TPLO(脛骨水平化骨切術)

前十字靭帯断裂に対する新しい手術方法です。
前十字靭帯断裂は比較的多く見られる整形外科疾患の一つですが、従来は国内で一般的に行なわれているナイロン糸などを用いた関節外安定化術が主な治療法でした。TPLOは特殊な器具、訓練が必要ですが従来の方法よりも多くの点で優れており、現在では最も優れた手術方法だと言われています。
当院では手術前に関節鏡を用いて関節の中の観察し、靭帯、半月板の損傷具合
を確認してTPLOを実施しています。

低侵襲外科手術(minimally invasive surgery)

①腹腔鏡手術
②尿管尿道ステント設置術
③SUBシステム
④PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
⑤関節鏡手術
⑥気管内ステント設置術

近年、獣医療の発達に伴いペットの長生き時代(高年齢化)になってきました。ペットの高齢化に伴い病気の検査、治療(外科手術)にもできるだけ動物の体に負担をかけずに行うことが望ましいと考えます。
当院では、動物の身体への負担をできるだけ少なくする治療(低侵襲外科)を一般診療と共に実施しています。
当院で施術可能な低侵襲外科手術の一部をご紹介します。

SUBシステム

 犬と猫の尿管閉塞は様々な原因で起こりますが、最近では猫の尿管結石による尿管閉塞が増えてきています、尿管閉塞の治療として、尿管切開による結石摘出術が一般的でしたが手術後の合併症の危険が多く難易度の高い手術とされていました。近年、新しい治療法として人医療と同じ尿管ステント設置術や動物医療領域では新しい治療法としてSUBシステムが開発されました。
SUBシステムは他の治療法に比較し手術時間が短くカテーテルが太いので再閉塞が起こる危険性が少ないと考えられています。
当院では尿管ステント設置術、SUBシステム設置術を行っており、今後は尿管結石以外の尿管閉塞の適応にも応用出来ると考えられます。

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)

PLDDは人医療では日帰り椎間板ヘルニア手術として知られています。
近年、動物医療領域にも導入された新しい椎間板ヘルニアの治療法です。
この治療は椎間板の中心にある髄核という部分にレーザーを照射して減圧を行う治療法です。X線透視下で皮膚の外から細かいガイド針を通し、その中にさらに細かいレーザーファイバーを入れてレーザー照射をする治療なので皮膚切開の必要な手術とは違い傷はほとんど無く非常に侵襲の少ない治療法です。
当院では椎間板ヘルニア(ハンセンI型)の初期やハンセンII型、多発性椎間板ヘルニアの手術不適応症例、椎間板ヘルニア手術の際の併用として予防的開窓術にPLDDを実施しております。

気管内ステント設置術

  • 尿道ステント術
  • 尿管ステント術
  • 気管ステント術

内視鏡手術について

腹腔鏡手術とはお腹に3mmから10mmの小さな穴をあけその穴に硬性鏡と呼ばれるカメラを挿入し、テレビモニターに映し出された映像を見ながら手術を行う方法です。
人の医療ではこの腹腔鏡手術が一般的な手術方法として広く実施されています。
そのメリットは傷が小さく手術後の痛みが少ないため回復が早いことです。しかしながら、デメリットとしては使用機器が高額であることや、手術操作の難易度が高いため十分な訓練を必要とすることなどが挙げられ獣医療では一部の動物病院において実施されているに過ぎませんでした。
しかし、デメリットを差し引いても小さな傷口から手術、検査が一度に実施でき、体に負担が少ないというメリットは大変大きなものです。
これらの手術には高度な技術が必要となり、内視鏡外科手術について基本的な知識やルール・正しい適応を行うことによって初めて安全な手術を行うことができます。
当院では、2006年より腹腔鏡を導入し、国内外のトレーニングコースに積極的に参加し訓練を重ね、現在では年間200例を超える腹腔鏡手術を実施しております。
また、腹腔鏡手術と同様にその他の内視鏡処置、例えば胸腔鏡、関節鏡、鼻内視鏡、耳内視鏡、膀胱鏡も完備しており動物の体に負担をかけない低侵襲手術、低侵襲処置、低侵襲検査を実施しております。
また、軟性鏡と呼ばれる内視鏡も各サイズ整備し、胃腸の検査及び処置を動物の体のサイズに合わせて使用させて頂いています。

手術を受ける飼い主様へ

当院では、手術の前に動物の状態・治療の選択肢・メリットとデメリット、起こり得る合併症、予後、入院期間、費用などについてインフォームドコンセントを行います。最善の治療をご家族様と共に考えてまいります。

手術を受ける前の注意事項

食事:手術予定日の前日夜まで食事は大丈夫です。
   手術当日の朝からは食事なしでお願いします。

水:手術当日 朝7:00まで大丈夫です。

上記の注意事項は手術時の動物たちの安全を考え調整しております。

入院

動物たちが安心して入院できるように犬入院室・猫入院室の部屋を分けています。また清潔な環境を保つように心がけております。

集中的な治療を行なわなければならないと判断される動物たちの入院室は、スタッフの目の届きやすいガラス張りで見渡せる集中治療室(ICU)でのお預かりとなります。